頭の中は亜空間

やり込み要素を突き詰めるブログ

【無双OROCHI 3】プレイしてみた感想とシリーズ通しの感想

無双OROCHI 3までを遊び尽くした...とまではいかないまでも自分の中でそれなりに遊んだので、シリーズを通しての特徴や感想を書いてみます。

 

 

無双OROCHI

戦国、三国、オリキャラを交えたお祭りゲー。

高難易度も楽しめるが、蓋を開けてみれば、極めた先は貂蝉を筆頭にテクニックタイプの超火力が目立つ属性チャージゲーといったところ。激難の敵の殺意MAX火力はこの無印でしか味わえないので、あえてZと両立するのもあり。

キャラは多いが一通り武将に出番があったので良かったです。

 

 

無双OROCHI 魔王再臨/無双OROCHI Z

総じて難易度が低くなりました。激難でも死にづらく、かつ殆どの武将が弱体化した印象。呂布のようにマシになった武将も。

ただ、属性チャージゲーであることは変わらず、更に天舞などという壊れ属性が追加されたことでヌルゲー化より無双しやすくはなった印象です。

ドラマティックモードというネタ満載のステージが一番の売りかもしれません。

 

 

無双OROCHI 2無双OROCHI 2 Ultimate

個人的にシリーズで一番完成度の高いゲームです。元になったキャラデザやモーションもそうだし、音楽もそうだし、ストーリーも終わり方が綺麗(Trueに限る)で、難易度もなかなか。

後は呂布ストーリーではクソザコナメクジですがちゃんと強いのが嬉しかったです。

コエテクの他作品からのコラボキャラも充実しているので一番お祭りしている感が出ています。

あえて文句をつけるとしたら、売り方かな。ステージやキャラなどのアプデで追加がまだなかったからこその完全版商法は本当にせこい(これはあくまでコエテク自体の問題)。

 

無双OROCHI 3

アクションに神術が追加、ドロップアイテムに桃、斧、鎧が出ない、特定キャラの神格化など新要素が多いです。また、各キャラに神器が設定されています。正直なところ神器はかなり格差があるので使いやすい神器を持ってれば当たりです。レーヴァテインは泣いていい。

...と戦闘面はほとんど文句なしですが、どうしても無視できない問題を抱えています。私はカメラワークの糞っぷりに度々泣かされました。

ストーリーも微妙です。無双OROCHIと言っているのに肝心の遠呂智の影が薄すぎる。2で綺麗な終わり方をしていたからもう続編がでないと思っていたところにこれなので、仕方ないのかも?終わり方が綺麗な作品の続編のシナリオを書くのはとても難しいってことですね。

そういえばオープニングムービーもなかった気が。

 

総括

OROCHIシリーズはお祭りゲーで、キャラ数がとにかく多いことが特徴です。そんな中で武将同士の会話が勢力別でなくごちゃまぜ、そして史実だと絶対ありえない組み合わせに注力しているのが良いのかなと思っています。例えば張飛と忠勝、甘寧と正則のようにお祭りゲーだからこその設定を活かしているのが◎、とはいえ本編に比べて各々の特徴を出すために会話がくどくなっているのが気になるか。

全体的に好きなシリーズなので、ここまで作ったならいっその事本編同様に長く続いてほしいと思います。ただし次はしっかり改善した状態で。