頭の中は亜空間

やり込み要素を突き詰めるブログ

【FEH】引退したときのきっかけなどを記す。

10/14を持ってFEHを完全に封印することを決意し、アンインスコしました。それ以降は一切触っていません。復活するつもりもありません。開始日時は2018/7(日にちまでは覚えていない)、課金合計額¥8880成。

→2018/4から始まったお得なオーブ¥1200を4~10月分まで、および漆黒パック¥480。う~んPS4の新作を買った方が良かったか!?

 

 

 

 

やめてよかったと思うこと

ガチャの結果や日々のスタミナを気にしなくて良くなったことで時間と心に大きな余裕ができました(やる前に戻っただけ)

 

やめて後悔したこと

特にないです。

 

何故、なかなかやめられなかったのか?

せっかく当てた、また強くしたキャラをなかったことにすることを勿体なく感じたため。

 

やめようと思ったきっかけ

きまぐれ。ただ、あまりに進展のないコンテンツやインフレしか能のない運営に嫌気が差したのは間違いありません。

 

当てた☆5キャラ全部のせ(☆5整理される前に当てた☆5も含む)

ガチャ産87体、うち☆5限定63体

伝承ガチャは狙っていないフィヨルム、アイク、リョウマ、マルスを除く全て

参考までに、1年と3ヶ月続けて最終的におおよそこれくらいのガチャ産☆5が手に入る、という見方をしてもらえればと。

 

改善点として思いつくこと

せっかく1年以上もプレイしたので、プレイヤーのために改善出来ると思うことを残しておきます。

 

主人公の強化、大英雄の販売。

大英雄や主人公の凸がろくに出来ず、特に主人公3人は初期に出た(当たり前か)ことが災いして最早なんのためにいるのかすらわからなくなっているのが至極残念に思います。結局ガチャを回さないとついていけないしインフレが止まらないので、主人公の影が薄くなるのも無理がありません。

主人公は専売特許としてパラメータ増強やさらなる専用スキルの習得などあっても良いのでは。

大英雄はそれが好きな人からすると欲しくても手に入れづらすぎるので、例えば複数人の大英雄パックを500円なり1000円なりで売りに出せば良いと思います。企業側はガチャとは別に短期的な収入になり得るし、プレイヤーは大英雄もしくはそのスキルがほしければ安い金を払ってすぐ手に入れられるのでwin-winだと思います。

 

 

一部コンテンツの廃止&新コンテンツの配置

タップバトル、投票大戦、リレー防衛戦、大制圧戦などは私の中ではかなり評価が低いです。なぜかはコンテンツについてまとめた記事があるのでそちらで。

notwogetstwo.hatenablog.com

上記にあげたどれも改善が難しいと思います。リレー防衛戦は最近のアプデで改善はされたようですが、それでもやはり難易度と報酬が見合わず、やる気にはなりませんでした。

上記すべて消せとまでは言わないものの、明らかに大半のプレイヤーからの反応の悪いコンテンツはとっとと廃止して次のコンテンツを用意するなりすれば良いと思います。そのためにアンケートがあると思うんですよ。

 

縛鎖の迷宮等にオリジナルマップを用意する

祝福や縛鎖の迷宮は過去の何かしらのマップの使い回しばかりで、目新しさ0です。ここは戦渦の連戦のような完全新規マップがあっても良いと思います。

 

キャラバランスの見直し

どう考えても特定の作品のキャラばっかり実装されていて、そうでない作品と比べてあまりにも差が酷いです。例えば封印の剣暁の女神トラキアあたりのキャラの数は少ないし、実装される機会もそうそうないので、その辺を増強したらどうかと。もう今となってはガチャをする理由はキャラ愛<<<<<<<<性能、スキルだと思うし、特定の作品じゃないから引かない、なんて人もそうそういないと思います。であれば色んな作品から均等に出したって問題ないはず。

 

感想

一番言いたいことは前回の記事でも言いましたし、この記事で書いた通りです。目先の金のためにただインフレするばかりで過去に使っていたキャラが腐っていくのが残念で、私自身よく1年以上も保ったな、としみじみ思います。

結局、FEHも有象無象のガチャゲーの1つに過ぎないのかもしれません。ただ、大英雄マップだけは凝っていて一番やりこんで面白いコンテンツだったことは断言します。

因みに、FE原作自体は作品によるし人を選ぶと思いますが十分に面白いのでオススメです。