読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中は亜空間

やり込み要素を突き詰めるブログ

【FEサイファ】お試しデッキ解説 - 紫緑ロイド

 

よくあるタイプのロイドデッキを作ります。割りと相性の良いカードは多いので、組み合わせてコンボを狙う事が可能です。速攻型ではないものの、中盤から一気に攻勢をかけて勝負を決めることが出来ます。

 

デッキレシピ

f:id:notwo:20170502080426j:plain

概要

ロイドデッキは既にたくさんありそうですね。このデッキは一部メダリオン(漆黒の騎士)が入っている以外はほぼ紫単色ロイド主人公デッキです(つまりロイドといったほうが正確です)。終盤はスキルで戦闘力80の敵を攻撃する場合や同戦闘力からの攻撃を受ける場合を想定するとどうしても火力不足気味なので、早めに決着を付けたいところ。そのためにはロイドの試行回数を増やす必要ガあり、運ゲー要素の支援を操作出来るカードを中心に組みました。ウルスラマシューがそうです。

6Cと重すぎる漆黒の騎士は場に出ることは少ないものの、一度出てしまえばその火力は相手にとって間違いなく脅威となります。エタルド持ちで100の戦闘力はそう突破できるものでもないので、危なくなったら主人公を下げて壁役にも出来ますね。とは言え、必殺攻撃やトライアングルアタックによる突然の死もあり得るので過信は禁物ですが...※1

このヘビー級を出すためには少なくとも2度は手札にこいつがこないといけません。焦ってそれを狙うと事故るので、基本はいないものとして考えて、終盤で出せれば出す程度です。運良く支援で4積みでもない1Cファが出てくれれば絆ブーストにより早く出撃させれますが、あくまでそれは運次第。ロイドがどうしても突破できない相手がいる場合に切り札として出せれば御の字といったところでしょう。仮に漆黒の騎士がいなくても6枚の絆が貯まれば3Cファが戦闘力80を達成するので、こちらもやはり厄介な存在になります。効果も中々便利。

しかしこのデッキはロイド主体のため、それらはついででしかありません。あくまでロイドを中心にキーカード効果でロイドを連続行動させて一気に追い詰めることが定石です。プレイングではそれに沿った解説をします。

 

キーカード(主人公以外)

4Cジャファルウルスラ、マシュー

 

デッキの特性

相手の山札のトップを確認/操作するキーカード効果により意図的にロイドを再行動させる事が出来ます。特にウルスラの効果が強烈で、一気に3枚見て2枚墓地行きです。もし相手の山札トップに主人公を置くことが出来れば、次の戦闘で敵主人公の支援失敗を確定できます。ココに更に4Cジャファルがいれば、ロイドの戦闘前に効果を発動して主人公を撃破(しかも神速回避不可)出来ます。次いでロイドで敵主人公を殴れば支援失敗でほぼ確実撃破&アンタップで再度攻撃、という流れになり、これだけで最大で1ターンで3枚オーブを割れます。4Cジャファルの起動コストに関しては、手札の飛行ユニットかマシュー、1Cジャファルなどを仕込めば良いでしょう。肝心の起動役であるウルスラが倒す相手ですが、敵後衛の杖ユニットや弓や強化されていない飛行ユニットを狙うと良いでしょう。ウルスラも当然4積みしており、もし手札に余分があれば主人公を必殺攻撃で狙うのも悪くありません※2。こいつはその特性上後衛配置になることは間違いありませんので生き残りやすいですが、終盤では戦闘力不足で腐りがちなのがネックです。その場合は前衛に出して時間稼ぎに使っても良さそうです。

ここまでをまとめると、いかにデッキの回りを良くしてコンボをたくさん決めるかにかかっているといえます。

 

※1 原作通りの圧倒ぶりを見せつける第二の効果により、雑魚(2C以下)の攻撃は受け付けないためラッキーパンチでは倒せません。あしからず。

※2 もしオーブが割れるのを嫌がって神速回避されれば効果は発動出来ませんので、そこまで考えた上で狙わないといけません。

 

プレイング

1ターン目から撃破可能そうなら主人公を積極的に狙います。2ターン目からマシューを出せますがここでは使う恩恵はあまりないので温存で良いでしょう。3ターン目で確実に4CロイドにCCし4ターン目以降にジャファルやウルスラ、マシューを出していきます。これらがいない場合コンボが成立する確率が激減するので、なんとかして引きましょう(暴論)

5ターン目以降は上記コンボで敵を一気に追い詰めていきます。絆のたまり具合を見て3Cファや漆黒の騎士を出しても良いでしょう。また手札が揃うようなら飛行ユニットでトライアングルアタックを狙うことも可能です。どちらかと言うとオーブなし主人公にとどめを刺すリーサル・ウェポンとして使いたいところ。

オーブがなくなって追いつめられた時、通常であれば主人公を後衛に引っ込めて壁役を出すこともあります。しかしロイド主体デッキの場合はメイン火力がロイド自身であり、これがなくなると一気に突破力が落ちてしまうためそれはやりづらい選択です。それも踏まえて、序盤からなるべく機会があれば攻撃して敵のオーブを割っておくことが求められます。4Cジャファルと飛行ユニットのトライアングルアタックでトドメを刺せる状態にまで持っていけばゲームエンドは間近です。

 

カード入れ替え候補

漆黒の騎士は使いづらいかもしれません。完全に紫単色にするのであれば代わりにフィルを入れてより速攻型にすべきでしょう。1Cと4Cフィルを4積みして漆黒の騎士とファを全抜きすれば全体的な支援力もそんなに変わりません。そして飛行ユニットはシャニーが上級しかいませんがこれを下級に変えて運び手を増やしても良さそうです。

もしくはスイーテストアサシンガイアを入れて暗殺デッキに変えても良さそうです。でもそうするとロイドよりは暗殺メインになりそうな予感...