頭の中は亜空間

やり込み要素を突き詰めるブログ

対策しないと詰むパーティについて

どうも^^

 

やっぱり、ダブルは最高ですね!いつの間にかポケモンも全部で700匹オーバーです。もうこんなに出てるのか...全ての対策は不可能に近いですが、その中でもダブルで対策必須と言える組み合わせについて書きます。

一番個人的にやってみたいデスカーンとラッキーを使った鬼畜コンボ。決められたら白旗安定ですw

例によって詳細は他者様のブログをごらんください。

 

簡単に言うとデスカーンのガードシェアと輝石ラッキーのちいさくなる積み、そこからの耐久合戦を強いてある意味ごり押しするという、いわゆる嫌がらせ戦法の一種です。イッシュなだけに( ・´ー・`)

ゲフンゲフン!知らないとあっという間に鉄壁の要塞が完成し、突破不可能になってしまいます。このコンボの起点はデスカーンのガードシェアですので、デスカーンを挑発で封じさえすればラッキーを格闘技で葬ることは可能です。でも都合よく1ターン目に挑発持ちを出せるかは別ですね。そしてその挑発を打たれても良いように、横にはこのゆびとまれ持ちが必ずいます。代表的なのはスカーフトゲキッスでしょう。デスカーンのもう一つの仕事がトリックルームを張ることで、これにより素早さが逆転することで先行してガードシェアが可能に。トゲキッスがこの指をやり続けると全体技以外はデスカーンをフリーにしてしまうので困りものだし、トゲキッスを倒しても今度はラッキーが出てきてちいさくなる連打されます。

またこのラッキーはほぼ間違いなく投げラッキーでもあるので、耐久戦になればまず勝ち目がありません。身がわりや眠るも搭載されていると考えた方がいいです。

ガードシェアラッキーが誕生するとお次は後ろにいる自己暗示持ちでその能力をコピーして、怪物を量産する戦法が有名です。自己暗示持ちはスイクンが代表的ですがメタグロスでも同様にえぐいことになりますwなんたってちいさくなるは1回で2積みできますから。どうしてこうなった。

 

トリックルーム後に補助技を止める場合はいたずらごころ持ちで挑発すれば良い。守るも使えなくなりますし。後ろにいる2匹次第では逆に完封できるかも?ボルトロスエルフーンヤミカラスあたりが適任でしょうかね。

 

対人戦でこれをやると嫌がられるでしょうから、ネタとして楽しむのが一番だと思いますw

 

では^^